使い切り容器

すでに世界中で非常に人気があり、現在日本で販売が始まっております

使い切り容器

高度でカスタマイズ可能 - 非常に高品質な容器

すべての画像をダウンロード

特徴

生産が簡単!1台の機械でフィルムから個まで対応出来ます

100以上のデザインが利用可能で、金型を変更するのは簡単

容量:0.5ml~350mlまで対応出来ます

非常に安価に製造できます

35年以上の実績:100台以上の機械が販売されています

日本で機械を販売しています

清潔第一のため機械でフィルム作成から充填まで同じ機 械で作業することができます

対応フィルムを販売しております

スタンディング形(他の機械ではできない)を含む全ての種類の形で対応できます

開けるのはとても簡単!片手で開けられます

すべてのテストはイタリアで行うことができます

4色印刷可能

日本でのメンテナンスサービス

無菌充填可能

古いスタイルから新しいスタイルまで!

フィルム

医療および医薬品の使用に品質保証されたフィルム

現在、これらの材料を使用してフィルムを製造しています
塩化ビニール樹脂(PVC)+低密度ポリエチレン(LDPE)
PET+LDPE — PS/PE — PP/PE — COC — ACLAR
BAREX/PE — ACLAR/PET/PE — PP/PE/EVOH/PE — PVC/PVDC/LDPE — PET/EVOH/PE
また浸透膜製造用にアルミや紙が接合したプラスチック積層板も提供しております
また、印刷速度と大量部数の印刷のご要望へお応えするため、社内でグラビア印刷を実施しています

充填機械

使い切り容器と坐剤製造のための熱成形と充填ラインの設計と製造

MINIVALDOSE — 小規模生産

1時間あたり5,000個

Minivaldoseは1回使い切りプラスチック容器の熱成形、充填、シール専用の全自動装置です。
機械はコンパクトな設計であり、小ロット生産に適したシンプルな機械で、
優れたコストパフォーマンス性が信頼にむすびついています。
メンテナンスや調節が容易であり、G.M.Pガイドラインに従って設計されています。


【特徴】

液体、粘液、クリーム、ジェルや粉体の充填。
容器の両側面の絵柄調整 (フィルムは前もって印刷されたもの)。
平底(スタンドアップタイプ)の容器の製造。
2種類のフィルムを同時に使用可能。
使用時に2つの内容物が混合するような充填も可能。

寸法 長さ2753 mm x 幅790 mm x 高さ2063 mm
機械重さ 800 Kg
サイクル速度 毎分/ 30 サイクル
充填容量 0.5 ml から 125 ml
成形フィルム 塩化ビニール樹脂)+PE, PS+PE, アルミ + 紙 +ポリエチレン,アルミ +浸透膜, バレックス, COC
ピッチ 56.2 mm
フィルムの厚み 最大500 µm
フィルムの幅 1本ロール=最小75mm - 最大250mm
フィルムの幅 2本ロール=最小75mm - 最大125mm
フィルムロールの外径 550mm
フィルムロールの内径 76mm
容量 1-125CC
製造サイクル 毎分/30サイクル*
*サイクル数は内容物の粘度や選択した形状やフィルムの種類に左右されます

カタログをダウンロードする


V 75 — 中規模生産

1時間あたり7,500個

化学、製薬、ペット用品、化粧品、食品産業が主な適用分野です。
V 75によって製造されるバイアルおよび1回使い切り容器の充填容量は、0.25〜200ml。
このValmatic FFSマシンモデルの主な利点は多種多様ですが、金型ピッチが75mmであるため、
容量の少ない1回使い切り容器(1ml)だけでなく、農業分野などで使用されるような、
容量の多い1回使い切り容器(50〜100ml)の製造にも適しています。
巻き戻し機には、平底(スタンディング)型の1回使い切り容器のモノロール、
またはアルミニウムの使用あるいは未使用の標準的でピーラブルな1回使い切り容器製造用のダブルロールがあります。
鋳型領域には、容器のシーリング制御機能があり、交換可能な切断装置を使用すると、
細長い容器や成形された容器を製造出来ます。
V 75は、巻き戻し機の前に設置する1色のプリンターであるValmaticのサーマルプリンター V100と結合できます。
V100を使用すると外部印刷サービス不要になり、無駄がなくなります。


【特徴】

タイプ プラスチックフィルム製の1回使い切り容器の自動熱成形、充填およびシール機
適用分野 化学薬品、医薬品、ペット用品、化粧品および食品分野
寸法 長さ3.796 mm x幅1.528 mm x高さ2.034 mm
機械重さ 900 kg
製造サイクル 毎分/ 30サイクル
充填容量 0.25 to 200 ml
成形フィルム PET / EVOH / PE、ACLAR / PET / PE、PS / PE、PP / PE、PCTFE / PET / PE / EVOH 、 PET / EVOH / PE、PVC / PE、PET / PE、PVC / PVDC / PE、PP / COC / PP / PE、PP / COC / EVOH / PPおよびアルミニウムまたは紙と組み合わされた他の熱成形材料
ピッチ 75 mm
稼働方法 電気機械式および空気圧式
モーションコントロールシステム 空気圧/ PROFINETモジュール
採用素材 ステンレス鋼AISI 304 + ERGAL 55
必要なオペレーター人数 1名
出力 8 KW
空気消費量 150 nl /分
水使用量 15 l /分
水圧 2気圧
気圧 6気圧

カタログをダウンロードする


VAL 175 — 偉大な生産

1時間あたり15,000個

VAL175は熱形成タイプのプラスチック積層板製使い切り容器製造用熱成形機/充填機です。
VALMATICの全ての経験がVAL175に集結しており、1mlから300mlまで幅広い充填量に対応できます。
充填量ごとに充填機を変更する必要がありません。
また使用方法やクリーニングが容易な分、作業の効率が高いです。
化粧品・化学製品・医薬品・食品等の充填に使用されています。
中・大型ロットの生産に対応しており、様々な厚さのプラスチックフィルムを使用した平底(スタンディング)
タイプやアルミ有/無の剥離可能なタイプの使い切り容器の製造が可能です。
15インチタッチパネルを搭載しているのでリモートコントロールも容易です。
容器の成形条件の変更がスピディーに出来、お客様の用途やニーズにお応えします。
VAL175はG.M.Pガイドラインに従って設計されています。


【特徴】

タイプ スタンドアップ式 熱成形機・充填機
適用分野 化学製品・医薬品・化粧品・食品
寸法 長さ5880 mm x 幅2320mm x 高さ1730mm (カートなし幅:1460mm)
機械重さ 1,850 kg
製造サイクル 毎分/30サイクル
充填容量 0.2 to 300 ml
成形フィルム PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリエチレン, PET/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリ塩化ビニリデン(PVDC)/ポリエチレン, PET/EVOH/ポリエチレン, PP/PET/EVOH/ポリエチレン, BAREX/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/SARANEX/PE, ACLAR/PET/PE, PS/PE, PP/PE, PP/COC/PP/BAREX, PCTFE/PET/PE/EVOH/PE, PP/COC/PP, PP/COC/PP/PE,積層樹脂+アルミ+紙
ピッチ 175 mm
稼働方法 機械式 空気圧式
モーションコントロールシステム PROFINET通信モジュール/空気圧式
採用素材 ステンレス鋼AISI304 製+アルミ系素材「エルガル55」+アンチコロダル・アルミニウム製
必要なオペレーター人数 1名
出力 25 KW
空気消費率 600nL/分
冷却水使用率 25L/分
冷却水圧 2バール
空気圧 7バール

カタログをダウンロードする


VT 240 — 超大規模生産

1時間あたり20,000以上の個

VT240はG.M.Pガイドラインに従って設計された充填・熱成形機です。
プラスチック積層材とアルミニウムまたは特殊紙の熱成形使い切り容器の製造用の熱成形充填ラインです。
製薬、化粧品、化学、食品が主な適用分野です。
充填することが可能な製品は、液体、ゲル、クリーム、ジェル類、粉末です。
片持ち梁構造をしているのでオペレーターの出入りやフォーマット変更、機械のクリーニングが容易に出来ます。
フィルムロールのストックスペースがあり、継続的なノンストップ運転にすることで、
今までフィルム交換時に発生したフィルムのロスをなくすことが出来ます。
また、自動的に容器に不活性ガスを送り込むことが出来ます。
湿度コントロールシステムと機内環境のモニター監視を搭載しておいます。
また、食品医薬品局(FDA)のCFR21パート11に従い設計されています。


【特徴】

寸法 長さ8210 mm x 幅2050mm x 高さ1670mm
機械重さ 5,400 Kg (2ロールの場合)
製造サイクル 毎分/ 35 サイクル
充填容量 0.2 ml~300 ml
成形フィルム COC, ACLAR, BAREX/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/SARANEX/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリエチレン,PET/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリ塩化ビニリデン(PVDC)/ポリエチレン, PET/EVOH/ポリエチレン, ACLAR/PET/ポリエチレン, PS/ポリエチレン, PP/ポリエチレン、積層樹脂+アルミ+紙
最大 240 mm~最大500µm
ピッチ 最大500 µm
フィルムの幅 最小120 mm – 最大400mm
フィルムロールの外径 500 mm/空圧
フィルムロールの内径 70/76 mm

カタログをダウンロードする


坐剤製造機械

FS 140

FS140は充填、冷却、シール、カットが出来る4つのエリアに別れています。
座薬、膣剤カプセルのロールを設置できます。
元々VS140に設置ロールも、オペレーターが設置したロールもともに使用することが可能です。


【特徴】

寸法 長さ4300 mm x 幅1800mm x 高さ1960 mm
製造サイクル 1,350kg
生産能力 1時間当たり15000個
成形フィルム PVC(塩化ビニール樹脂), PVC(塩化ビニール樹脂)+ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)+ポリ塩化ビニリデン(PVDC)+ポリエチレ
ピッチ 17.4mm

VAL TSI 140

1時間あたり15,000坐剤

VAL-TSI140はプラスチック材料の坐剤および膣坐剤カプセルを製造するための垂直型充填充填機です。
熱成形ラインVS140と充填ラインFS140で構成されています。
熱成形機VS140の型の幅は140mmで8個のセルとなります。
毎時生産15,000セル。
VAL-TSI 140は、セルの両面中央に印刷ができる唯一の機械です。


【特徴】

セルの両面中央に印刷。
フィルムの不要部分の削減。
エンボス構造による簡単なクリーニング。
リールを交換する機械停止はありません。
マシン上のオペレータによる簡単なアクセシビリティ。

寸法 長さ2150 mm x 幅1000mm x 高さ1700mm
機械の重さ 1,100 Kg
製造サイクル 毎時/ 15,000サイクル
充填容量 0.50 cc 〜 5.00 cc
成形フィルム PVC(塩化ビニール樹脂), PVC(塩化ビニール樹脂)+ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)+ポリ塩化ビニリデン(PVDC)+ポリエチレン
ピッチ 140 mm
フィルムの幅 130 mm
フィルムロールの外径 400 mm

VS 140

VS140はプラスチック素材を用いて坐剤および膣坐剤カプセルを熱成形する機械です。
本機械は使用する素材に出来る限り適した方法で熱成形できるように設計されているため、
シールプロセスの前に予熱プロセスを設けています。


【特徴】

寸法 長さ2150 mm x 幅1000mm x 高さ2100mm
機械の重さ 1,100 Kg
製造サイクル 毎時/ 15,000サイクル
充填容量 0.50 cc 〜 5.00 cc
成形フィルム PVC(塩化ビニール樹脂), PVC(塩化ビニール樹脂)+ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)+ポリ塩化ビニリデン(PVDC)+ポリエチレン
ピッチ 17.4mm



メンテナンスとスペアパーツ

亀山電機との提携

亀山電機は、日本全国に支店を持つ会社で、メンテンナンスも行っております。
フルサポートを提供し、電話とアシスタンスサービスの両方で対応致します。

日本製の電気部品

日本製のスペアパーツを使用した機械をお客様に提供しています。
オムロン、三菱(シーメンスもあります)。

Martini Techは、マニュアルとサポートを日本語で対応致します

イタリア語でかかれた書類に日本語訳がつきます。

追加の金型を含む機械のフルスペアパーツ(オプション)

スペアパーツは貴社の工場に設置されます。

日本語での機械のトレーニング

資格を持つエンジニア(通訳付)が、御社の工場でトレーニングを行います。

遠隔による機械のモニタリング

インターネットと独自のシステムを使用して、遠隔でお客様の機械のすべてのパラメータを確認し、問題を診断することができます。

24時間完全サポート(最初の6ヶ月間)

オプションで利用可能。

必要なフィルムは、日本国内からの発送となりますので、納期に時間がかかりません。

カタログをダウンロードする

委託サービス

最小注文口ット:10万個(既存金型を使用した場合 )50万個(新しい金型を使用した場合)
納期:6- 12か月(テスト時間含む)
弊社でテストロット、設計デザインの準備ができます
金型の100種類以上が対応出来ます
容量:0. 5ml -350 mlまで対応出来ます
4 色印刷可能
スタンディング形(他の機械ではできない)を含む全ての容器のデザインに対応できます
※スタンディング形は、開けるのはとても簡単!片手で開けられます
無菌充填可能
PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリエチレン, PET/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリ塩化ビニリデン(PVDC)/ポリエチレン, PET/EVOH/ポリエチレン, PP/PET/EVOH/ポリエチレン, BAREX/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/SARANEX/PE, ACLAR/PET/PE, PS/PE, PP/PE, PP/COC/PP/BAREX, PCTFE/PET/PE/EVOH/PE, PP/COC/PP, PP/COC/PP/PE,アルミ接合プラスチック積層板もしくは紙接合

会社概要

メーカー

Valmaticは2つの事業を主に行っております。
1回使い切りタイプ容器、坐剤及び膣坐剤用カプセルを製造しております。
そして、1回使い切りタイプ容器と座薬製造用のFFS機械(”Form-Fill-Seal machine” 成型充填封口機)
の設計・製造も行っております。
受託業務は自社工場が保有している証明書と自社工場においての品質管理体制下で一貫生産していますので、安全性にもご満足いただけることと確信しています。
主に製薬、化粧品、化学、食品分野で使用される液体、粘性商品、クリーム、ジェル類、粉末類などを1回使い切り容器に包装する方法をValmaticはご提案致します。
また、品質を保障する為にValmatic は製造の各段階にてチェックを行い、ライセンスを持った研究所とのコラボレーションにより微生物検査も実施しています。
Valmaticは内容物に合わせて独自の1回使い切りタイプの容器製造から、カードやカウンターディスプレイ、
ケースやボックスなどの二次包装までを一括で請け負うことが出来ます。
様々な包装技術でお客様の製品完成までを完全サポートし、製品・使用目的にあわせた包装方法をご提案します。
VALMATICは魅力的な包装形態を追求する姿勢、高度なモノ作り技術、お客様及びサプライヤーとの大きな信頼関係、多彩な商品ラインナップを持ち、競争力のあるグローバル企業であります。

在日エージェント

Martini Techは2013年から日本で活動しています。
CEOのMatteo Martiniは日本で10年以上の経験を持ち、現在Martini Techは安定した経営基盤を持つ企業で、短期間で最高のサービスを提供することを目指しております。
創立以来、Martini Techは、飲料、化粧品、食品、包装など、多くの分野の日本企業の皆様にご提案をしてまいりました。
弊社にとって日本人のお客様との強力な関係を築くことは、とても貴重な財産となっています。
レポートは、製品の革新と変化がどんな状態であるかを理解する方法です。
Martini Techは、お客様の詳細のレポートを調査、分析、提供することを行っています。
Martini Techは、お客様へ詳細な調査、分析、報告を提供したいと思っております。

Martini Tech - 会社概要
代表取締役社長: Matteo Martini (マッテオ・マルティーニ)
設立:2013
住所:〒103-0004 東京都中央区 東日本橋2-28-4 日本橋CETビル3階
資本金:500,000円

電子メールアドレス: INFO@MT-PACK.CO.JP - 電話番号: +81 80-4838-5205 - Martini Tech(Googleマップ)

問い合わせ

著作権 VALMATIC 2017 - 全著作権所有 - 個人情報保護方針

エージェントのウェブサイト